不動産を選ぶ際には専門家のアドバイスが重要

住宅スタイル

注文住宅と分譲住宅を比較する

新築一戸建て住宅を購入したい方は、注文住宅にするのか、分譲住宅にするかをまず決めるべきだと考えます。どちらにするかで、価格も変わってきますし、購入するまでの流れも変わってくるからです。注文住宅は、自分の思い通りの新築一戸建てにする事が可能です。しかし、土地と住宅建築費用を別々に支払うケースがほとんどの為、価格が高価になります。また、場合によっては、設計会社に設計の依頼をする事もある為、更に費用がかかることもあるのです。分譲住宅は、すでに建設済みの住宅がほとんどです。土地と新築一戸建てを販売会社から同時に購入しますので、注文住宅に比べたら安価になるケースが多いです。しかし、建築済みの為、自分の思い通りの外観や間取りに出来ないデメリットがあります。これらを参考に、どちらで新築一戸建てを購入するか決める必要があるのです。そして、購入の際には、1社見ただけで絶対に決めないでください。あらゆるハウスメーカーや工務店、建設会社等と比較をして購入する事が、失敗しない方法であると言えます。

立地条件と敷地面積で価格が大きく変わる

新築一戸建て住宅の価格は、住宅の立地条件によって様々です。大きな注文住宅を依頼したとして、土地価格が非常に安価な地域で、勾配があったり等比較的不便な場所であれば、1000万円台で購入できる住宅もあるでしょう。逆に、小さな注文住宅でも、駅の近くや街の中心部等に建設するとなれば、価格は4倍にも5倍にもなってしまうのです。それは、分譲住宅にも言える事です。分譲住宅は、注文住宅に比べて安価な部分が特徴でありますが、立地条件の良い新築一戸建て住宅ですと、分譲住宅の方が高価になります。このように、新築一戸建て住宅の価格と言うのは、立地条件と土地の敷地面積によって高価になったり、安価になったりするのです。自分の金銭事情と将来的見通しを立てて、無理の無い購入をする事が重要です。

PICK UP

土地を見る

新築一戸建てを建てる場合はまず土地を探す事から始めます。暮らしに便利な場所、自然豊かな場所など自分たちの最優先させるものは何かを考える事が大事です。土地を選ぶ際にはその場所の周辺地図を手に入れておくと確認が便利に行えます。

借りる前に

賃貸物件を借りる時はまず情報を集める事が大切です。必要書類などの手続きの事などを事前に知っておく事でスムーズに契約を行う事が可能となります。また賃貸物件の場合は済むのに礼金や敷金といった費用、また保証人制度などがあります。

防犯意識を持つ

安全な暮らしを行うためには、防犯性の高い賃貸物件を選ぶことが重要になります。また、オートロックや警備会社との連携も行われている物件もあり、犯罪の被害を防ぐことが出来ます。

良い査定結果に絞る

不動産を売却するという場合は、複数の会社へ査定に出しておくことが必要になります。高く買取ってもらうためには、それぞれの結果を元に検討を進めて行くようにしましょう。