Home_Design

借りる前に

賃貸物件を借りる時は自分で調べることから始める

賃貸物件を初めての一人暮らしなどで借りる時は、初めから不動産屋に言って情報を得ることも考えられるかもしれませんが、まずはインターネットでそのエリアの相場を把握しましょう。そうしないと、営業マンにいいようにやられてしまうケースもあるので、注意が必要になります。 今はインターネットでいくらでも情報は集められますのでまずはインターネットで細かな情報を拾い、その中で物件を絞りながら動くことが重要であるといえます。 また、必要書類など手続きが煩雑になることが多いので、何が必要になって、いくら必要になるのかということをあらかじめ精査しておくと、自分が何かであわてたりすることなく契約することが出来るのでとてもいいと思います。

現在のトレンドは借りる時の初期費用を抑えることです。

賃貸物件の場合、住むのに礼金、敷金、仲介手数料の他に、保証会社という連帯保証を代行してくれるサービスに加入が必須になることが多いです。賃貸の場合、賃貸物件のオーナーが一番リスクとして重く捉えているのが賃料の未収です。 以前は、連帯保証人をつけることが一般的でしたが、昨今核家族化が進んでいることもあり、保証人を準備できない人が増えました。そこで連帯保証を会社で請け負うといったサービスが出てきたのです。 この流れは今後も続いていくと考えられているため、余計なお金はかかってしまいますが、費用については必要となりそうです。なので、仲介手数料や礼金などを保証料がかかることを名目として交渉すると初期費用を抑えることが出来ます。