Home_Design

良い査定結果に絞る

複数の不動産会社に査定してもらおう

不動産は財産的価値がとても高い財産です。売却するのであれば、できるだけ高く売りたいところです。 売却するのであれば、複数の不動産会社に査定してもらうようにしましょう。いろいろな会社に聞くのは面倒なものです。しかし、これを怠っては大きく損をしてしまうことになりかねません。大事なのは平均的な査定額を知ることです。契約を結んでもらうことを第一に考える会社もないわけではありません。そのような不動産会社と契約すれば、サービスの内容が満足できるものではなかったということになりかねません。 複数の不動産会社に査定してもらい、平均的な金額を知る。そして、その中で査定額に満足できそうで、かつ信頼できそうな不動産会社を選ぶようにしましょう。

不動産と消費税の関係

2014年の4月に消費税が増税され、延期されたものの、再び増税されることになっています。ここで不動産と消費税の関係について少しまとめておきましょう。 まず、第一に土地に対しては消費税がかかりません。これは、土地は消費するものではないためです。不動産と言ってもいろいろあるので一概には言えませんが、この他は基本的に掛かってくると考えて下さい。 消費税の課税はあくまでも事業者との取引に限定されます。そのため、土地以外の不動産、例えば、建物の売買取引を個人間で行ったという場合には消費税は発生してきません。ただ、この場合でも、不動産会社に仲介をお願いしたという場合は注意が必要です。仲介手数料には消費税が課税されるからです。不動産の仲介となるとそれなりの手数料が発生してくるので、注意して下さい。